コンプレックス

早漏の対応について

2022年9月13日

10年くらい前は早漏の原因は「亀頭過敏」と言われていました。

対処法は亀頭をマヒさせるスプレー、クリーム、厚めのコンドームなどが主流で、早漏解消トレーニング方法は亀頭をタオルで叩いて刺激に強くにする、射精を途中で止めて再開といった射精のタイミングをコントロール方法を身に付けるでした。

※経験者は語る!!

かなり研究していて、教材も購入しました💦

 

10代20代前半の人は、過敏性早漏が多く、過敏でなくなれば早漏が改善される人もいます。

その年代以降の人は過敏性ではなく、心因性早漏が一般的と言われています。

心因性早漏の第一人者である、私が解説させていただきます。

 

心因性早漏の人の代表的な思考

「頭がSEXの事でいっぱい」「AVの世界観」「劣っている部分を見られたくない」

  • 好みの女性が居たら露出の高い格好をして欲しい
  • 谷間や太ももなど、自分のフェチな部位を見ただけで、性的な干渉を連想してしまう
  • 女性とデートしていても、頭の隅に手っ取り早く性交したいと考えている
  • 自分が性交しているのに、所々AVを見ている様に客観的な感覚がある
  • うまく性交していると相手に思われたい(早漏は恥ずかしい)
  • またすぐに射精してしまったらどうしようという不安がある
  • 早漏だと相手に失望感を抱かれるのが不安
  • 性交をうまくしている自分を感じて自信を積み上げたい
  • 性交の前に、今日はうまくできるか?という事にフォーカスが向く
  • 愛撫の段階から、頭の中にはもうフィニッシュのイメージが出来ている
  • 表の意識は早漏を克服したいと思っていても、内なる自分は早くフィニッシュしたい
  • 過剰に興奮する仕掛けを自分自身に無意識に課している

 

この思考が変わると、早漏がだいぶ軽減されます

 

対策は2つ、刺激に強くなる方法と、脳の興奮を抑えリラックスさせる方法

刺激に強くなる方法

  • 亀頭をマヒさせるクリーム、スプレーを買う
  • 極厚なコンドームで快感を軽減させる
  • 叩いたり、こすったりして刺激に慣れる
  • 射精しそうになったら堪えて、落ち着いたら再開するという自主トレーニングでコントロールできるようになる

⇒脳に「私は対策を施した」という感覚を同時に与えて、早漏の不安を多少軽減

※10代20代の過敏性早漏には亀頭をマヒさせたり、刺激に強くするのは対策自体が有効

心因性早漏には期待薄いです

マヒさせているので、快感が軽減します

 

脳の興奮を抑えリラックスさせる方法

神経・精神科で受診

セロトニン分泌をコントロールする療法(うつ病と同じ対応)

日本で認可されている薬はない(2022年9月時点)ので、海外で市販の薬を販売、もしくは自分で輸入代行業者から買う事を勧められる

ちなみに早漏治療薬として海外で認可された「プリリジー(ジェネリックはタポキシー、ポゼット)」はセロトニンに作用させる目的のタポセキチンが主成分です

(タポセキチンは元々、うつ病の治療薬成分です)

⇒脳の興奮物質を抑え、リラックスさせる

(興奮が頂点に達すると射精してしまうので)

※快感はそのままで射精のみ遅らせます

 

早漏を改善する訳ではないが、セックスの時の射精時間を長くする

  • 挿入してすぐピストン運動しない
    奥まで挿入したら、20-30秒じっとする事で高揚感が安定する
  • すぐに気持ち良くなる動作をしない
    早漏の人の特徴は、浅く速いピストンが多いと聞くので、ゆっくり、ピストン運動にならないように円を描く様にしたり工夫する
    (高速ピストンが気持ち良いと思っているのは案外男性側だけとか)

⇒趣向を変えてピストン運動にこだわらなくした

 

早漏が改善しない前提を辞める

せっかくの機会だからと、少しでも多く興奮する事をしない

相手ある事なのに、自分のテクニックがどう思われるとか、上手くいっているかに固執しない

できるだけ興奮しようとしている自分の世界観から抜け出る

 

大興奮してしまう事を認識する

書き出して洗い出す。

その行為をしない様にする。

例)

局部をガン見する

AVの様なコスプレで行為する

など

 

体は感情をコントロールする

以下の様な体の使い方をしていないかチェックする

  • 無呼吸
    気が張ってしまう。ゆっくりとリラックスする呼吸を志す
  • 激しい動き、息が荒い(感情が高まる動き)
    自分は興奮していると脳が認識してしまう
  • 射精する瞬間のスタイルままでピストンしない
    (足をピンと伸ばすなど)

 

信じ込み

信じ込みを洗い出してみましょう!

例)

表の自分はダイエットしたい(エネルギー量:小)
内なる自分はケーキ食べたい(エネルギー量:大)

表の自分は見晴らしの良い灯台に上りたい(エネルギー量:小)
内なる自分は高いの怖くて足がすくむ(エネルギー量:大)

表の自分は挿入時間を伸ばしたい:かっこよく思われたい(エネルギー量:小)
内なる自分は早く頂点に達したい:自分がいい気持ちになりたい(エネルギー量:大)

 

早漏になる信じ込み(興奮する信じ込み)は何か?

例)

  • 女性の体つきを見たら、射精したいという結び付け
  • SEXは自分が気持ち良くなる為のもの
  • 毎回、一番興奮して気持ちよくなりたい
  • SEXは興奮するもの
  • SEXで失敗したり、あたふたした姿を見られたくない(不安を増長させる)
  • 実際のSEXとAVをリンクさせている

 

【早漏になるのではと不安になる信じ込み】

例)

  • 前も上手くいかなかったから今回もダメかも
  • 上手くいかず失望させてしまったらどうしよう
  • 失敗して傷つけられたくない

 

信じ込みを作るもの

  • 相手からの一言からショックを受けた:「えっ、もう終わったの?」
  • 過去に失敗した、カッコ悪い(と自身で思っている)事をしてしまった
  • テレビや雑誌からの知識で「早漏はかっこ悪い」と結びついた
  • ネットの情報をそのまま取り入れてしまった:女性アンケート「早漏はイヤかな~」
    (全ての女性の意見ではない)
  • 早漏=下手=情けないという考え

 

信じ込みではないけど、元々抱いている心の問題で精神が安定していない

  • 緊張し過ぎるタイプ
  • 女性にたいする劣等感を持たれている
  • 仕事での日常的なストレス
  • 寝不足
  • 何かのトラブルを抱えている

これらは早漏対策とは別に考えていく

 

対応策

このページに書いている内容に当てはまる部分がある人は、「脳の使い方」が有効です

信じ込み > 刺激に弱い

ですので、

また、脳内の神経伝達物質「セロトニン」も脳の使い方で分泌量を調整できますので、緊張気味であったり、不安で交感神経が優位な人もリラックスしやすくなります

 

専門ではないので「早漏」の相談は今までありませんでしたが、他の「病気を終える」、「トラウマ解消」と原理は同じで対応方法はシンプルです。

病気やトラウマでやってきた事を応用してもえらえれば、ある程度はご自身でも対応できるかと思います。

がっつりトレーニングしたい場合、病気、トラウマの相談の際に「早漏も終えたい」とお知らせ下さい

  • この記事を書いた人

fujita

有限会社トガノ 代表取締役 藤田秀幸 人材戦略コンサルタント エグゼクティブコーチ

-コンプレックス