マインド

ネガティブな感情に蓋をするのか?

2022年9月7日

「ネガティブな感情は悪いもので、ポジティブな思考に切り替えよう」

というのが世間の一般的な認識だと思います。

この認識は、「ネガティブな感情は不要なもの」という事になります。

実はネガティブはとても重要なものなんです。

  • どちらの思考パターンが良いかとなれば、もちろんポジティブです
  • ただ、ネガティブに感じてしまったらそれを”ないもの”とせずに、「何でネガティブに感じたのだろう」と意味を探っていきます
  • ネガティブな感情には、自分の間違えた信じ込みや気づきがたくさんあるので、未消化なまま蓋をせずにきちんと消化していきます

ひとつづつみていきます

ネガティブかポジティブどちらの思考パターンが良いかとなれば、もちろんポジティブです

「自分なんかできる訳ない」

そう考えるよりも、

「そんなもの、やってみないとわからない」
「出来る出来ないではなく、やりたいから”やる”それでいいんじゃない??」

このような思考が良いですね

同じ出来事に対して、

ネガティブな事を感じてしまった場合、

「あ、ネガティブいけないんだった、ナシナシ」

と、実際に感じているにも関わらず、なかった事にしようと考える方、哲学書や心理学の勉強している人に多いのではないでしょうか?

内心思っているのに、「これは良くない」と表面上の自分がなかった事にしてしまうと、未消化のネガティブは残ったままなので、ネガティブが積もっていずれ不調につながってしまいます。

「何でこのネガティブな感情が湧いたんだろう」

と探っていきます。

 

ネガティブな感情には、自分の間違えた信じ込みや気づきがたくさんあるので、未消化なまま蓋をせずにきちんと消化していきます

例えば、

「グループで講座受けたのに、自分だけ集客が出来なかった」

これには次の信じ込みが想定されます。

「みんなってあなた以外本当に全員?」
「その時点で必ずしも結果を出さないといけないの?出来ていないのであれば出来るまで続けたらいいだけなのに」
「結果が出ていない自分を知られるのが嫌なんじゃない?」
「何か手順通りにやっていない事、足りない事があるのかも」
「自分と他人という区別があるから、自分は劣っていたくないという感情が湧くのでは?」

自分の持った信じ込みを見つけて、信じ込みが間違っていれば修正し、不要な信じ込みであれば捨てていきます

ネガティブな感情のおかげで息苦しい生き方の要素をひとつ取り除く事ができた訳です

大きな病気の原因も内なる自分からの信じ込みにズレがあるサインの場合があって、表の自分が気づかないと病状がどんどん悪化して、命をかけなければいけない事に発展していきます

(私の事です💦)

  • この記事を書いた人

fujita

有限会社トガノ 代表取締役 藤田秀幸 人材戦略コンサルタント エグゼクティブコーチ

-マインド